• ファッションで個性を出すには

    ファッションで人とは違う個性を出そうと思ったとき、手っ取り早くできるのは、生地の色や素材を人とは違うものにするということだ。

    たとえば、皆が1本は持っているデニム。これをネイビーではなく、グレーにしてみる。それだけで着こなし上級者の雰囲気が漂う。または黒のシンプルなタイトスカート。これをネイビーの革のタイトスカートに変えてみる。一気にこなれた人になる。

    こんな人とは少し違う着こなしにもってこいなのが、フィールドドリームだ。

    柄やカッティングひとつとっても工夫がされていて、街中で自分と同じような着こなしの人とかぶってしまう恐れはないだろう。

    また、個性を出したいなら、着こなし方も大切だ。1枚のシャツを「きちんと着る」「第2ボタンまで開けて着る」「袖を大きくまくってみる」など、たった1枚のシャツでも着方次第でその人の個性は出る。

    今の季節ならば、はきなれたデニムの裾を軽くまくって、洒落たフラットシューズで仕上げれば、足元の軽やかな人になるだろう。もっとも、このスタイルをしている人は多いので、その中で個性を出したければ、デニムとフラットシューズの選び方、そしてデニムの裾をどこまであげるかが重要になってくる。デニムは先ほども挙げたグレーか白のデニムを選んでみればいいし、フラットシューズは夏らしく総レースでできたものを選んでみたらどうだろう。一気に足元から垢抜ける筈だ。

    人とは少しだけ変えることで出す個性。あなたも試してみてほしい。